アルバニアの秘境ブルーアイに行ってきた

ブルーアイ

アルバニアの秘境ブルーアイを紹介します。

アルバニアは日本人の旅行先としても人気のギリシャと接しており、その北にある国ですが、日本人には観光地としてほとんどなじみのない国です。しかし、文化的な見所としてはベラット(Berat)、ギロカスタル(Gjirokaster)があり、自然の見所としては今回紹介するブルーアイ(Syri i Kalter)があります。

ブルーアイはアルバニアの南部に位置し、ギロカスタルとサランダの中間くらいにあります。

ネットで調べた情報によると中国の九寨溝の小さい版のような場所ということです。九寨溝は大好きなのでここも訪れてみることにしました。
秘境とはいえギロカスタルやサランダからミニバス一本で行けるので行き方はかなり簡単です。

今回はギロカスタルを朝に出発し、ブルーアイを観光した後にサランダに行くことにしました。

ギロカスタルの宿から見たギロカスタル城
ギロカスタル城

ここから少し坂を下って大通りに出ます。大通りへの行き方は一番近い道を宿の人に聞きましょう。

まずギロカスタルからミニバスに乗ります。
ミニバスは乗客を集めるために行ったり来たりするので見つけるのは難しくないのですが、歩いている人に聞くなりして確認した方がよいです。アルバニアのミニバスは基本的に乗客がある程度集まるまでは出発しません。
僕の時は乗りこんでから30分くらいしてようやく乗客が集まったのでサランダに向けて出発しました。

途中の山の斜面。岩がたくさんあって不思議な景色です。
山の斜面

運転手はSyri i kalterブルーアイと言えばすぐにわかってくれ、ちゃんと入口で降ろしてくれました。
ブルーアイ入口

ギロカスタルからここまで300レク(1アルバニアレク=約1円なので300円)です。アルバニアは物価が安いので旅行しやすいのです。

幹線道路から見えるゲート
ゲート
これをくぐって進んでいきます。ここから20分ほど歩けばブルーアイに到着です。

このゲートをくぐってすぐに守衛室があるのでそこで50レク支払います

歩いているとどんどん後ろから車に追い抜かれます。
アルバニア人には有名な観光地のようです。

ダムのある大きな湖を超えた後はこれにそそぐ川沿いをじょじょに登っていきます。
湖

道は歩きやすいです。
SN3J2629

このような休憩できる施設もあります。
休憩場所

非常に青く透明度も高いです。
ブルーアイ2

ブルーアイ6

奥に進むとこの透明度の高い水がわき出ている部分があり、この写真の左上の突きでた部分から眺めることができます。ここは狭いのですが、ブルーシートを敷いて寝転がっている白人カップルもいました。
ブルーアイ7

上から見た水が湧き出ている場所
ブルーアイ3

ブルーアイ4

いちばん深いところでは深さが50メートル以上あるようです。
展示

9月とはいえど水は冷たいですが、泳いでいる人も少しいました。

ネットでの情報の通り九寨溝を小さくしたようなもので非常に美しく、来てよかったと思いました。
天気も良かったので座って1時間ほどこの湧き出ている部分を見て休憩しました。見ていると心も研ぎ澄まされているような気分になりました。

帰りは来た時にミニバスを降りたところで30分ほど待ち、サランダ行きのミニバスに乗りました。200レク(約200円)でした
昼はだいたい1時間に一本あるといえど乗客の集まり具合にもよるのではっきりとミニバスの来る時間がわからないのがつらいところです。

サランダまでは1時間もかからずに到着しました。

手軽に行ける場所なのでアルバニア観光に来たならブルーアイに寄ることをお勧めします。

※僕が訪れたのは2013年9月なのでミニバスの事情などが変わっているかもしれないので注意してください。

ホーム