ウガンダの移動と宿

カンパラ→フォートポータル

カンパラから昼なら2時間に一本はバスがある
KALITAバス
乗り場:カンパラのタクシーパーク
運賃:20000ウガンダシリング
設備:普通の観光バスで4人掛けシート
コメント
しかし全ての座席下にひよこの入った段ボール箱が置いてあった生きてるヒヨコなのでピーピーうるさい
隣に座っていたウガンダ人女性はひよこの箱を踏みつぶしていた。ひよこは大丈夫なんか?

フォートポータル→ムバレ(ルワンダ国境)

21:00頃発→翌朝5:00頃着
乗り場:カンパラからのKALITAバス降り場付近のバスオフィス
地球の歩き方にKALITAバスターミナルは載っているのですぐにわかるはず
運賃:40000ウガンダシリング
設備:観光バス 4人掛けシート(定員は50人ほど) ただし6人以上一列に座っていた
コメント

フォートポータルからムバレ(ルワンダ国境)までの夜行バスがあったので時間の節約も兼ねて乗ることにした。フォートポータルは途中駅らしく、フォートポータルに来たときには既に100人ほど乗っていた。座席に座っている人の上に人が座っていたりする。さらに通路にも人が溢れており、奥に入ることは不可能と思われた。100%座れないと思ったが、バスチケットを見せたら乗務員が座っている人をどかしてくれ、座れた。どうやら多くの現地人はチケットを買わずに安い料金で乗っているらしい。

座席と座席の間から後ろの人の手が伸びてきて自分のポケットを探られたり、通路を行き来する人に自分の肩が当たったりでゆっくり寝ていられなかった。早朝には霧でしっかり前が見れないのにけっこうなスピードで進んでいて怖かった。暗闇でバスが止まり、ライト関連のケーブルが切れたのかと思われるが、運転席で皮膜を破いて導線を結び付けるという作業を30分ほどしていて焦らされた、その後走り出したが、ヘッドライトの威力が異常に弱かったので直すのに成功したのか不明。
このバスはおすすめできない

フォートポータル→ピグミー村

フォートポータルからKtandiまで乗り合いマタツ2時間弱、ここから徒歩10分ほど
乗り場:交差点にあるcontinentalホテルからBwamba rodeをブンディブギョ方向に坂を下っていくと、客引きしているマタツを見つけた。
運賃:10000ウガンダシリング
設備:改造ハイエースのマタツなので一列に4人は座る
コメント
最初の頃は比較的すいていたが、徐々に混み合ってくる。山道を走るので慣れていないと気分が悪くなるかもしれない。
トラックの荷台に乗る方法でもKtandiまで行くことは可能らしいが、安全性には疑問を抱いてしまう。

Ktandi→ピグミー村

マタツから降りた場所で車道からそれて細い道を10分ほど進むとウガンダ人の村がある(ここで降りた他の乗客もこの村方向に歩いていく)
この最初の集落群から2、3分くらいのところにピグミー村がある おそらく道を聞かないとピグミー村は見過ごしてしまう。
ここのピグミーの人たちはダンスなどを見せて、その後にお金を要求してくるので、先に料金交渉をしてから見学することをおすすめします。

カンパラの宿

KKABAレストラン

場所
料金:13000
設備:共同トイレ、シャワー
コメント:
ケニアからのバスが到着したバスターミナルの近くの宿
この辺りはレストランが宿も経営している。道路を隔てて反対側にはゲストハウスがいくつかあった。

フォートポータルの宿

ニューリンダロッジ
場所:首都カンパラからのバス降り場から南西(トロ王国宮殿方向)に200メートルほど行って左側
料金:12000ウガンダシリング
設備:共同トイレ、シャワー
コメント
地球の歩き方に載っていた宿 レストランを併設している
他都市とのバス乗り場の近くなので便利
安くて良かった。


ウガンダの移動と宿” への1件のコメント

  1. ピンバック: ピグミーを訪ねて - 大学生が世界一周!?アナログトラベル

コメントは受け付けていません。