アルバニアの千の窓の町ベラットでのんびり滞在

ベラットの街並み1

今回はアルバニアの世界遺産であるベラット(Berat)を紹介します。
ベラットは千の窓の町と呼ばれていて、実際に窓がいくつあるのかは定かではありませんが、窓が目立つ町でした。またベラット城という城が丘の上にあり、そこからの展望は非常に良いです。

街を流れる川から見た風景。たしかに窓が多い

千の窓

 

首都のティラナと南の町サランダとのちょうど間にあり、ティラナ、サランダ、ギロカスタル(Gjirokaster)などからバスやミニバスで移動できます。
私はティラナからバスで行きました。運賃は非常に安く300レクでした。詳しい移動情報はこちら→アルバニアでの移動

宿はベラット城と川を挟んで反対側のゴリツァ地区ににあるBERAT BACKPACKERS(ベラットバックパッカーズ)というところにしました。特に宿の情報は持っていなかったのですが、バス停にいた客引きの少年に10ユーロで泊めてやると言われたのでここに決めました。宿のオーナーは10ユーロという価格に満足していないようでした。

 

川沿いから坂を上っていくとベラット城に到着します。

城までの坂道1

 

ベラット城。修復はほとんどされていないように見えましたが、趣があってちょうどよいです。ベラット城

 

 

ベラットの教会

 

 

城からの景色。川の向かい側にあるゴリツァ地区が見えます。城からの景色

観光客はほとんどおらず、ゆっくりと景色を楽しめます。
日本や他の国にこのような町があればもっと観光客がいてもおかしくないですが、アルバニアということもあって観光客が少ないのでしょう。
土産物を売っているおばあさんもいましたが、儲かるのでしょうか?

夜はライトアップされていてきれいです。(下の写真では非常にわかりずらいですが)
夜になると川沿いの道は地元の人で賑わっていました。川沿いの夜の景色

ベラットはゆっくりするのにちょうどよい町でした。アルバニアでは一番好きな観光地です。

ホーム

ミュンヘン観光と奇抜な宿泊施設(テント)に宿泊

テント1

ミュンヘンはドイツの南部にあるバイエルン州最大の都市で日本からの直行便もある日本人には行きやすい都市ですが、ホテル代などは当然高くバックパッカーには厳しい地域でもあります。

今回はミュンヘン中央駅からもそこそこ近い場所に7.5ユーロからという非常に安い値段で泊まれる宿泊施設を発見したので泊まりに行きました。ここはThe Tentという宿でホームページの画像ではサーカスのようなテントが写っていました。

ここに泊まった友達によると夏でも夜は以上に寒く寝るのも難しいらしいです。

ミュンヘンにはスロベニアの首都リュブリャナからバスで来ましたが、到着時間が深夜0時ということもあり、ドイツ初日はバスターミナルで野宿し、翌日の夜にここに泊まりました。

The Tentはミュンヘンの街中に歩いて行けるような距離ではないので、一度荷物を置きに行くようなことはせず夜までは観光しました。

ここはミュンヘンの博物館。規模が大きく、中身はかなり手の込んだものでした。
ミュンヘン博物館

市庁舎
市庁舎

反対側のタワーに上れば仕掛け時計の動きが見れます。しかしそんなにたいしたものではなく、拍子抜けしました。
仕掛け時計

この後まだまだ時間があったので列車で世界遺産の街レーゲンスブルグに行きました。
バイエルン州にはバイエルンチケットという便利な乗り放題チケットがあり、それを使いました。レーゲンスブルグについては次の記事で書きたいと思います。

ミュンヘン中央駅に帰ってきたのは21時を過ぎていました。ここからはSバーンでmoosach駅まで行き、そこから30分ほど歩いて今日の宿であるThe Tentに行きました。

moosach周辺は住宅街ですが、夜10時ということもあり人を全く見ませんでした。
20分ほど進むと広い公園のような地域に入り、すぐに大きなテントが見えました。
宿までの道

わかりやすい写真を撮っていなかったのですが、だいたいこんな感じです。
テント

受付で聞くと床は7.5ユーロ、ベッドは9.5ユーロとのこと
友達はベッドを選択しても寒かったと言っていたので、どうせ寒いなら安いほうが良いと思い床を選択しました。

ここに入った瞬間どういうわけか外よりも寒く感じました(笑

寝袋は持っていたので毛布2枚とマット1枚を借りました。借りるのは無料です。
9月は毛布一枚では厳しいです。

キッチンのある小屋があるのですが、使用は23時までとのことです。仕方ないので大急ぎでスーパーで買っておいたパスタを作りました。
ラッキーなことにもう食べきれないからということでいろいろ食材をもらえました。

食事が終わって気分が落ち着くと9月だというのにかなり寒いことに気が付きました。
20人くらいの白人がキャンプファイヤーをしていましたが、日本人だとキャンプファイヤーなんてしたくなくなる寒さです。

シャワーは大人数を収容できる宿泊施設ということもあり、大量にあり、かなり清潔で熱めのお湯も出ます。
体の芯が温まるまでシャワーを浴びましたが、この気温だとすぐ冷めます。仕方ないので持っていたペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにしました。

こんな感じで寝ます。冬の夜に体育館で寝るようなものです。床に寝るので他の人と相部屋とか男女部屋別とかそういう概念はないです。
好きな場所で好きな方向を向いて寝るみたいです。
テント1

深夜0時ころにはキャンプファイヤーをしていた連中も寝始めて静かになってきたので寝ました。
重装備で寝たので寒すぎて眠れないということはなかったですが、かなり寒くなる朝5時には目が覚めました。

サーカスのようなテントで寝るという面白い体験ができてよかったですが、一泊で十分です。
旅の思い出に奇抜な宿に泊まりたいという方にはオススメですが、寒い季節にミュンヘンを訪れる旅行者にはおススメはできません。

ホーム

アルバニアの秘境ブルーアイに行ってきた

ブルーアイ

アルバニアの秘境ブルーアイを紹介します。

アルバニアは日本人の旅行先としても人気のギリシャと接しており、その北にある国ですが、日本人には観光地としてほとんどなじみのない国です。しかし、文化的な見所としてはベラット(Berat)、ギロカスタル(Gjirokaster)があり、自然の見所としては今回紹介するブルーアイ(Syri i Kalter)があります。

ブルーアイはアルバニアの南部に位置し、ギロカスタルとサランダの中間くらいにあります。

ネットで調べた情報によると中国の九寨溝の小さい版のような場所ということです。九寨溝は大好きなのでここも訪れてみることにしました。
秘境とはいえギロカスタルやサランダからミニバス一本で行けるので行き方はかなり簡単です。

今回はギロカスタルを朝に出発し、ブルーアイを観光した後にサランダに行くことにしました。

ギロカスタルの宿から見たギロカスタル城
ギロカスタル城

ここから少し坂を下って大通りに出ます。大通りへの行き方は一番近い道を宿の人に聞きましょう。

まずギロカスタルからミニバスに乗ります。
ミニバスは乗客を集めるために行ったり来たりするので見つけるのは難しくないのですが、歩いている人に聞くなりして確認した方がよいです。アルバニアのミニバスは基本的に乗客がある程度集まるまでは出発しません。
僕の時は乗りこんでから30分くらいしてようやく乗客が集まったのでサランダに向けて出発しました。

途中の山の斜面。岩がたくさんあって不思議な景色です。
山の斜面

運転手はSyri i kalterブルーアイと言えばすぐにわかってくれ、ちゃんと入口で降ろしてくれました。
ブルーアイ入口

ギロカスタルからここまで300レク(1アルバニアレク=約1円なので300円)です。アルバニアは物価が安いので旅行しやすいのです。

幹線道路から見えるゲート
ゲート
これをくぐって進んでいきます。ここから20分ほど歩けばブルーアイに到着です。

このゲートをくぐってすぐに守衛室があるのでそこで50レク支払います

歩いているとどんどん後ろから車に追い抜かれます。
アルバニア人には有名な観光地のようです。

ダムのある大きな湖を超えた後はこれにそそぐ川沿いをじょじょに登っていきます。
湖

道は歩きやすいです。
SN3J2629

このような休憩できる施設もあります。
休憩場所

非常に青く透明度も高いです。
ブルーアイ2

ブルーアイ6

奥に進むとこの透明度の高い水がわき出ている部分があり、この写真の左上の突きでた部分から眺めることができます。ここは狭いのですが、ブルーシートを敷いて寝転がっている白人カップルもいました。
ブルーアイ7

上から見た水が湧き出ている場所
ブルーアイ3

ブルーアイ4

いちばん深いところでは深さが50メートル以上あるようです。
展示

9月とはいえど水は冷たいですが、泳いでいる人も少しいました。

ネットでの情報の通り九寨溝を小さくしたようなもので非常に美しく、来てよかったと思いました。
天気も良かったので座って1時間ほどこの湧き出ている部分を見て休憩しました。見ていると心も研ぎ澄まされているような気分になりました。

帰りは来た時にミニバスを降りたところで30分ほど待ち、サランダ行きのミニバスに乗りました。200レク(約200円)でした
昼はだいたい1時間に一本あるといえど乗客の集まり具合にもよるのではっきりとミニバスの来る時間がわからないのがつらいところです。

サランダまでは1時間もかからずに到着しました。

手軽に行ける場所なのでアルバニア観光に来たならブルーアイに寄ることをお勧めします。

※僕が訪れたのは2013年9月なのでミニバスの事情などが変わっているかもしれないので注意してください。

ホーム