アルバニアでの移動

周辺国よりも移動にかかるお金はかなり少なくて済みます。訪れ甲斐のある観光地はあるものの観光客は少ないので観光客向けのバスはないですが、バスの本数は多いので使いやすいです。デュラス ティラナの間のみ列車が走っています。

ティラナのバスターミナルは行き先別に分かれていたり、会社によってはオフィス前で乗り降りしたりもするのでややこしいです。

1アルバニアレク(ALL)=約1円

デュラス→ティラナ

バス
乗り場
鉄道駅や船のチケット売り場のある場所

運賃
1ユーロ

時間
約1時間

コメント
この区間は鉄道もありますが、バスの方が便利でしょう。ティラナでは中心から北に1キロほど行ったところで降ろされます。

 

ティラナ→ベラット

バス
乗り場
町の中心にあるスカンデルベグ広場の南西2キロ(歩いて30分ほど)
スカンデルベグ広場周辺からKavajes通りを南西に進みMuhedin Llagani通りで左折してそのまま進めば右手側にあります。

運賃
300レク(約300円)

時間
約3時間半

コメント
バスターミナルはわかりずらいので人に聞きながら進むとよいでしょう。
2013年夏時点ではベラットのバスターミナルはベラットの中心にあり、ベラット城にも近く便利な所にあったのですが、少し不便な場所に移動したようです。
以前のバスターミナルには宿の客引きもいました。

 

ベラット→ギロカスタル

バス
乗り場
道路上

運賃
200(乗り合いタクシー)+600(バス)

時間
計約5時間

コメント
ベラットからは朝8時にギロカスタル経由サランダ行きがあったのですが、行き先表示がサランダということを忘れていて、バスを逃してしまいました。仕方ないのでフィエルFier行きに乗り、Fierで乗り替えることにしました。
乗り替えの交差点では白タクが大量に待機しており、ギロカスタル行きはないと言ってタクシーに無理やり乗せようとしてきますが、無視していたら大型バスが来たので乗りました。

アルバニアはこの辺りの国の中では旅行者に対して優しい人が多いと感じましたが、白タク運転手はやはり人間性のよい人ではないようです。

 

ギロカスタル→ブルーアイ(SyrilKalter)

ミニバス
乗り場
バスターミナル付近

運賃
300レク

時間
1時間ほど

コメント
ブルーアイはシリルカルテルとも言われている場所で水の透明度が高く、底に沈殿した炭酸カルシウムによって水の色が青色に見えます。ここはギロカスタルから近いので時間があれば行ってみても良いかもしれません。

ここには宿泊施設はないので降りた場所からまたミニバスに乗り、サランダもしくはギロカスタル方面に向かいましょう。

 

ブルーアイ(SyrilKalter)→サランダ

ミニバス
乗り場
ブルーアイ(SyrilKalter)の入り口付近の幹線道路

運賃
200レク

時間
1時間

コメント
ブルーアイ(SyrilKalter)に来た時に降ろしてもらった場所で待っていたら来ます。
だいたい昼なら1時間に1本くらいはミニバスが来ます。

 

サランダ→ティラナ

バス
乗り場
中心の公園付近

運賃
1300レク

時間
6時間半ほど

コメント
バスは頻発していて、予約してチケットを発見してもらうタイプもあります。
宿代を浮かせようと思って、夜9時発のに乗ったのですが、朝3時半にティラナに到着してしまい。ちょうどよさそうな所を見つけて朝まで寝るはめになりました。

参考:アルバニアの宿

ホーム